Queen『Night at the Opera』

クイーン『オペラ座の夜』(1975)

 X JAPANYOSHIKIがロンドンのウェンブリー・アリーナでピアノ演奏した「ボヘミアン・ラプソディ」収録の名盤。

全体的にコンセプト・アルバム的であるが一曲ごとのクオリティーも非常に高い。

フレディ・マーキュリーだけでなく、ロジャー・テイラー(dr)とブライアン・メイ(g)もリード・ヴォーカルを取っています。コーラスが非常に美しいバンドです。

エレキギターの音色も独特で、自宅の暖炉の木で自作したメイの「レッド・ギター」は素晴らしい音を奏でます。多重録音もすざまじい時間をかけてこりにこっています。

フレディが亡くなったことは非常に残念です。ヴォーカルに元フリー、元バッド・カンパニーのポール・ロジャースを起用してアルバムを出しています。また、アダム・ランバートを向かえてツアーをしたことは記憶に新しいですね。

Queen Official

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71IcN1P26eL._SL1420_.jpg