読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

King Crimson『Lark's Tongues In Aspic』

キング・クリムゾン『太陽と戦慄』(1973)

原題の直訳は「ヒバリの舌のゼリー寄せ」である。太陽と月の合体したジャケットデザインといい何か意味深である。

このアルバムは何といってもパーカッションのジェイミー・ミューアがものすごい存在感を示している。毛皮を着て動き回る様はまるで野獣である。

ドラムのビル・ブルーフォード(ブラッフォード)はイエスから引き抜いてきた経緯がある。変拍子バリバリのテクニシャンである。

そこにロバート・フリップの豪腕ぶりが伺える。フリップは練習の鬼で毎日10時間もギターの練習をしているという。

ベース&ボーカルのジョン・ウェットンは先日亡くなって残念である。歌がとても上手かった。ベースの腕前もよかったですね。後にエイジアでバカ売れする。

バイオリンのデヴィッド・クロスもいい仕事してました。

このアルバムはリズムのアルバムといっていいのではないか。インプロヴィゼーションの嵐が凄まじい。


キングクリムゾン 太陽と戦慄パート1

 

 

King Crimson - Easy Money - 6/25/1973 - Wollman Memorial Rink (Official)

 

 

Lark's Tongues In Aspic: 40th Anniversary Series

Lark's Tongues In Aspic: 40th Anniversary Series

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/414TNDN8C7L.jpg