読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Madonna『Like a Virgin』

マドンナ『ライク・ア・ヴァージン』(1984) 「まどなれい」のハンドルネームの元になったマドンナは現在58歳である。信じられない美魔女っぷりですね。 ベジタリアンだというマドンナは、徹底的に身体を鍛えて若さと美貌を維持しているそうです。豆類など…

Prince & The Revolution『Purple Rain』

プリンス&ザ・レヴォリューション『パープル・レイン』(1984) プリンス最大の大ヒットアルバムであり、最もロック色の強いアルバムである。映画『パープルレイン』サウンドトラック。 このアルバムにより、プリンスのシンボルカラーは紫になったが、前作…

メタル系ジャケ買いじゃないけど。生物がいっぱい。

メタル系ジャケ買いじゃないけども、今回は生物がいっぱいです。まずは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの新作『ザ・ゲッタウェイ』です。熊とアライグマ(たぬき)とカラスです。裏ジャケにキツネがいます。説明不用の大人気ミクスチャー・ロックです。フ…

メタル系ジャケ買いシリーズ・モノクロの魅惑

メタル系ジャケ買いシリーズのベスト選です。 今回は、モノクロの魅惑ということでモノクロまたは単色に近いジャケットをご紹介します。左上から、ブルー・オイスター・カルトの『Tyranny and Mvtation』です。ニューヨーク出身のハードロック・バンドですが…

Evanescence『Fallen』

エヴァネッセンス『フォールン』(2003) エイミー・リーの美しく澄んだ歌声が素晴らしいゴシック・ロックの大ヒット・ファースト・アルバム。 ヒットしたのは「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」がヒップホップの影響のあるニューメタル(Nu Metal)・ラウド…

メタル系ジャケ買いシリーズ・ベスト選

メタル系ジャケ買いシリーズのベストを選んでみました。サクソンの『イノセンス・イズ・ノー・エクスキューズ』です。美人というより、キュートでかわいい感じの女の子が青リンゴをかじっています。青リンゴにサクソンのロゴが彫ってあります。素晴らしいで…

Patti Smith group『Easter』

パティ・スミス・グループ『イースター』(1978) ニューヨーク・パンクの女王、パティ・スミスのサード・アルバム。 ブルース・スプリングスティーンとの共作の「ビコーズ・ザ・ナイト」が素晴らしいです。夜の寂しさと前向きさも感じさせる名曲です。 ノー…

待で見かけたアルバムジャケット。ディスクユニオン柏店

待で見かけたアルバムジャケットです。ここはディスクユニオン柏店です。千葉県柏市の柏駅より少し歩いてすぐです。キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」とデレク&ドミノス「レイラ」、ベルヴェット・アンダーグラウンド&ニコのバナナ・ジャ…

Suicide Squad(Blu-ray)

映画『スーサイド・スクワッド』(2016) 出演:ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレッド・レト、ジョエル・キナマン、ジェイ・コートニー、福原かれん 監督;デヴィッド・エアー 『バットマンvsスーパーマン』のDCが贈る クレイジーでポップな爽快…

ディスクユニオン柏店にてメタル系をジャケ買いです。

本日のジャケ買い物件です。ディスクユニオン柏店にてメタル系をジャケ買いです。 ホワイト・ライオンは1983年に結成されたメロディアス・ハードロック・バンド。そのベストアルバムです。 妖精帝国は日本のへヴィーメタル・バンド。女性ボーカルです。 ウリ…

Marilyn Manson『Mechanical Animals』

マリリン・マンソン『メカニカル・アニマルズ』(1998) アメリカの永遠のセックスシンボルであるマリリン・モンローと、カルト集団の連続殺人鬼チャールズ・マンソンの名前を併せ持つ身長185センチの男。恐怖のショックロッカー。宇宙からやって来たエイリ…

Avenged Sevenfold『City of Evil』

アヴェンジド・セヴンフォールド『シティ・オブ・イーヴル』(2006) ゼロ年代の4大メタル・バンドがアヴェンジド・セヴンフォールドとブレッド・フォー・マイ・ヴァレンタインとマストドンとトリヴィアムだそうなんですが一応全部聴いていました。 A7X(こ…

Accept『Metal Heart』

アクセプト『メタル・ハート』(1985) ドイツが生んだ正統派ヘヴィーメタル・バンドである。 スコーピオンズ、UFO、ハロウィン、ガンマ・レイなどとともに、ジャーマン・メタルというジャンルを形作っている。音的にはパワー・メタル、メロディック・スピー…

Bruce Springsteen『Born in the U.S.A.』

ブルース・スプリングスティーン『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』(1984) ボスことブルースの最も売れたアルバムである。全米1位獲得。大ヒットシングルを7曲も収録。 タイトルトラックの「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」は、ベトナム帰還兵の悲哀を歌ったにもか…

Slayer『Reign in Blood』

スレイヤー『レイン・イン・ブラッド』(1986) スラッシュ・メタル四天王の一つ。その中でも最も早いスレイヤーのサードアルバムにして最高傑作である。 全10曲ながらもアルバム・トータル時間わずか29分という短さ。しかし最速の曲が、BPM240に達している…

David Bowie『Scary Monsters』

デヴィッド・ボウイ『スケアリー・モンスターズ』(1980) キング・クリムゾンのロバート・フリップのギターが前面にフューチャーされた「イッツ・ノー・ゲーム(パート1)」では、日本人女性ミチ・ヒロタのボイスが強烈に耳に直接突き刺さる。それは警告に聞…

Bob Dylan『Desire』

ボブ・ディラン『欲望』(1976) 今やノーベル文学賞受賞者ボブ・ディラン大先生である。いやその前からすごく偉い人ではあったんですが。 このアルバムの一曲目の「ハリケーン」は、黒人ボクサー、ルービン・ハリケーン・カーターの免罪事件を扱っているプ…

Black Sabbath『Black Sabbath Vol.4』

ブラック・サバス『ブラック・サバス4』(1972) 13日の金曜日にデビューしたブラック・サバスはヘヴィーメタルの元祖といわれている。その4枚目のアルバムである。 1曲目の「Wheels of Confusion/The Straigtener」のメドレーが最高である。トニー・アイオミ…

Van Halen『1984』

ヴァン・ヘイレン『1984』(1984) 1984年に出たから「1984」それ以上でもそれ以下でもない。何も考えていない。ただギターを早く弾くだけ。それがヴァン・ヘイレンのいい所なのである。 エドワード・ヴァン・ヘイレンはジミヘン以降で最も革命的なギタリス…

Jimi Hendrix『Experience Hendrix:The Best of Jimi Hendrix』

ジミ・ヘンドリックス『エクスペリエンス・ヘンドリックス~ベスト』 エレキギターの革命児ジミヘンのベスト・アルバム。よくできた選曲でジャケット写真もかっこよいのであえてベスト盤をご紹介します。 ジミヘンはアメリカ・シアトルで生まれイギリスに渡…

ジミ・ヘンドリックスTシャツ

ジミ・ヘンドリックスTシャツです。 カーキ色のTシャツは、ディスクユニオン立川店で買いました。 白のTシャツは中野ブロードウェイのオルタナティブ・クロージングで買いました。 ジミヘンはギターを弾けない自分にとっても神のような存在です。

街で見かけたロックアーチスト、ジミ・ヘンドリックス

中野ブロードウェイの3階に行きましたが、ほとんどの店が12時開店ということでまだ閉まっていました。 すると、ジミ・ヘンドリックス発見! オルタナティブ・クロージングというロックバンドTシャツ屋さんのシャッターでした。 これはカッコイイですね。

街で見かけたロックアーチスト、エリック・クラプトン

池袋サンシャインシティの帰りに見かけた、エリック・クラプトンです。 クロサワ楽器店池袋本館の看板でした。アコースティック・ギターを持つ姿がカッコイイですね。

クイーン40周年記念TシャツとX JAPAN TシャツとYOSHIKI Tシャツ

クイーン40周年記念のTシャツです。シルバーのインクを使っています。タワーレコード渋谷店で買いました。X JAPANのスカルTシャツは、ビジュアル・ジャパン・サミット2016(幕張メッセ)で買いました。バックプリントもあります。 YOSHIKI Tシャツも同じです。…

Queen『Night at the Opera』

クイーン『オペラ座の夜』(1975) X JAPANのYOSHIKIがロンドンのウェンブリー・アリーナでピアノ演奏した「ボヘミアン・ラプソディ」収録の名盤。 全体的にコンセプト・アルバム的であるが一曲ごとのクオリティーも非常に高い。 フレディ・マーキュリーだけ…

X JAPAN ソロ作品

X JAPANのソロの、hide、Toshi、heath、YOSHIKI & Roger Taylor もあります。YOSHIKIと小室哲哉のユニット、V2「背徳の瞳~Eyes of Venas~」も持っているんですがちょっと見つかりませんでした。hideのソロも歌います。Toshiよりも歌いやすい声ですね。ま…

カラオケの十八番「X JAPAN」

週刊はてなブログの今週のお題は、カラオケの十八番ということですか。それは………あまり大きな声では言えないのですが、X JAPANです。X ならだいたいほとんど歌えます。 「Art of Life」は30分の英語曲ですがカラオケでは短くなっています。英語の発音はヒド…

ロバート・ジョンソンとベートーベンのTシャツです。

今日は中野ブロードウェイのオルタナティブ・クロージングというロックTシャツ屋さんで、ロバート・ジョンソンとベートーベンのTシャツを買いました。 ロバート・ジョンソンはブルースの大物ですね。 ベートーベンはクラシックの超大物です。 カッコイイんで…

ディスクユニオン中野店にてメタル系をジャケ買い。

本日のお買い物です。ディスクユニオン中野店にてメタル系をジャケ買いです。 ナパーム・デスは前から聴きたかったグラインド・コア。1秒の曲があることでギネスブックに載っていることが有名なバンドです。 ビー・ザ・ウルフはイタリアからの刺客、スリー…

Iron Maiden『Killers』

アイアン・メイデン『キラーズ』(1981) ヴォーカルがサクソンのブルース・ディッキンソンに変わったセカンド・アルバム。 今やメタル界の横綱と言っていいほどの存在です。 1975年にロンドンで結成され、1980年代初頭にイギリスで巻き起こった新しいロックの…

Alice in Chains 『Dirt』

アリス・イン・チェインズ『ダート』(1992) アリス最高傑作の『ダート』です。ヴォーカルのレイン・ステイリーのダウナーな感じが何ともいいです。ドラッグの問題を抱えていてその後亡くなってしまいました。 ジェリー・カントレルのギターがブラック・サ…

Tool 『Lateralus』

トゥール『ラタララス』 暗黒ヘヴィー・プログレ・メタル・バンド、トゥールの最高傑作です。 アルバムジャケットが透明プラスチック紙に人体解剖図を描き、何枚も重ねて少しずつ人体の奥へ筋肉から内臓そして骨に向かって見ることのできる仕様となっていま…

Linkin Park 『The Hunting Party』

リンキンパーク『ザ・ハンティング・パーティー』 現時点での最新作です。初期の激しい音に戻っています。ヒップホップ、パンク、メタル、ハードロックが渾然一体になって襲いかかる「狩猟集団」なアルバムです。 リーダーのラップ担当、われらがマイク・シ…

Megadeth 『Dystopia』

メガデス『ディストピア』 デイヴ・ムスティン大佐率いるスラッシュメタルバンド・メガデスの最新作です。 ANGRAのギタリスト、キコ・ルーレイロが正式加入しました。 タイトル・トラックである「ディストピア」は、第59回グラミー賞で最優秀メタル・パフォ…

Judas Priest『Screaming For Vengeance』

ジューダス・プリーストの『復讐の叫び』です。このヘヴィーメタル・バンドのヴォーカリストのロブ・ハルフォードは「メタル・ゴッド」の異名を持っています。そのハイトーンヴォイスは正にメタルの神なのです。 ツイン・リードギターのメタル・バンドの走り…

Radiohead

レディオヘッドの最新アルバム『A Moon Shaped Pool』です。 私は渋谷区神宮前つまり原宿に12年間住んでいたのですが、久しぶりに原宿に行ったら、レディオヘッドのこのアルバムの広告のポスターが沢山あって驚きました。それはメンバー5人のモノクロの顔写…

Metallica

メタリカの二枚組み最新作『ハードワイヤード…トゥ・セルフディストラクト』です。 なかなかメタリカらしい気持ち悪いジャケットです。デラックス・エディションは少しデザインが違います。 初期メタリカのスラッシュ・メタル、スピードメタルの爽快感は『メ…

Red Hot Chili Peppers

レッチリことレッド・ホット・チリ・ペッパーズの最新作『ザ・ゲッタウェイ』です。 ジャケットの横向きの少女、熊、アライグマ(たぬき)、カラスなど同じ方向に進んでいる感じでいいですね。 プロデューサーのデンジャー・マウス色が強いのか、おしゃれと…

Pink Floyd

ピンク・フロイドの『狂気』です。原題は『The Dark Side Of The Moon』なので「月の暗黒面」ですね。 月(ルナ)には精神の病の意味もあるので「狂気」です。 しかしなぜジャケットのデザインが、プリズムに光なのでしょうか。デザインチームのヒプノシスは…

King Crimson

キング・クリムゾンの『ラディカル・アクション~ライヴ・イン・ジャパン+モア』を聴いています。 2015年の日本ツアーの四国高松での公演を中心に収録しています。 演奏されたサンポートホール高松とはまた珍しい場所ですね。 これだけの大物バンドが来日公…

ブログはじめました。

こんにちは。 まどなれいです。 ブログはじめました。 絵を描きながら聴いている音楽を書いていこうと思います。 まずは、レッチリの『Stadium Arcadium』より、「Dani California」です。 ジョン・フルシアンテのギターが素晴らしいです。